« oktober 2005 | Main | januar 2006 »

クリスマスのうまいもの

もうクリスマスをすぎて今さらなのですが、うまいものを・・・

Julesweets

これは12月1日に、ラボの大学院生Maleneの家に呼ばれたときの写真。みんなでクリスマススイーツを楽しんだのでした。

画面中央に見える、たこ焼きのようなものはæbleskiverといいます。まさにたこやき(明石焼に近い感触?)ホットケーキミックスの素を使ってたこやきのように焼けば出来上がり、というものですが、今は冷凍のものが売っていて(20個入りで15DKKくらい)、オーブンや電子レンジで解凍して食べています。粉砂糖をふりかけ、イチゴジャムをつけながら、手で食べます。これが美味。昔はこの中にリンゴのスライスを入れていたから、このようなお菓子の名前になったそうです。たけこはすっかり気に入って、時として朝食用にしています。バターとはちみつ、とかバターとメープルシロップなんて組み合わせでもよさそうです。

画面右側、ろうそくの近くにある、小さい半球形のお菓子はPebernødderというもの。味わいはそばボーロかな?
このお菓子は子供に人気。クリスマスツリーのかざりの中に入れたりします。

christmasdecoration

(ハート形のが袋状になっていて、その中にお菓子を入れ、ツリーに飾る)

また、クリスマス前に郵便局に行くと、「ご自由にお召し上がりください」このお菓子がお皿に盛ってありました。

さて、これらのお菓子のお供の飲み物はglögg(グルック)です。これはいわゆるホットワイン。
ワインにglöggエキス(おそらく果汁とか、スパイスが入っている)を加え、さらにglöggミックス(ほしぶどうとアーモンド、写真右)を加えてゆっくり加熱します。面倒な時は具なしのglöggが売っていて(まるでジュースのような外観。写真左)これを使うと簡単です。少人数の時はこちらの方が便利かも。甘くておいしいです。カフェでもglöggが飲めるようなので、クリスマスシーズンにデンマークに来たら是非お試しあれ。たけことしては、クリスマスだけでなく、寒い冬はこれを毎晩飲んで寝たい。もちろんビールのあとにね。

glogg

このクリスマススイーツパーティーの日、実はデンマーク語の試験(一次:リスニング、および筆記試験)がひかえていたのでした。すっかりいい気分で試験を受けたのですが、リスニングはさっぱりわからず、全て当てずっぽう。もうだめだと思っていたら、二次試験の知らせがきたので、とりあえず安心(一次に合格しないと、二次を受けられない)。そして二次試験(オーラル)も無事合格。今回は、何のコメント(悪いコメント、という意味です)もつかず、心配していたリスニングの成績も悪くなかったので、がんばった甲斐がありました。1月からmodule 3に入ります。

しかし・・・たけこは本当に試験運は強いようだ。昔からそうなのだが。
どこまでこの運は続くのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近のたけこ

saikinntakeco

12月の初旬にビールの空き瓶空き缶は処分したつもりだったのだけど・・・
テイスティングよりも、ただ漫然と飲むことも多くなってきているのが問題。
一応、新しいビールを飲んだら記録はつけているのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デンマーク人の足跡

一日遅れのホワイトクリスマス。というか、今日(12/26)はボクシングデー、といってこちらは祝日。クリスマスカードやクリスマスプレゼントを一生懸命届けてくれて、郵便屋さんありがとう、という日らしい。そのわりには24日から郵便局は休みなのだが。しかもデンマークには24時間オープンというありがたい郵便局がない。日本はそういう意味では便利だ。

さて、そんなことはどうでもいいのだけど、今日はサイクリングをするつもりだったが雪で多少つもったので、Mosgaard museumまで散歩してみることにした。私の家から約2km(多分)で、距離はたいしたことはない。日本から持参したイタリア製のブーツをはいて、上半身も完全防備。さらに暖かい紅茶もポットに用意。滑らないように注意を払いながら歩く。途中、誰もいないと思って発声練習をしていたら、人がいたのではずかしかった。

下をみながら注意深く歩を進めて行くと、デンマーク人の足跡がよく分かる。
これは明らかに男性の足跡だと思うのだけど、どうよ!
画面右側がたけこの足。
ちなみにたけこのサイズは、こちらでいうと36。23.5cmである。
デンマークでは、たけこの足のサイズは決して大きい方ではないのだ。

(余談だが、たけこは小学6年の時24.5cmの靴をはいていたため、卒業アルバムのクラス毎のページ、「何でもランキング(?)」の「足の大きさ」女部門で一位だった。なぜ当時より小さくなったのかは未だに謎。)

danishfod


| | Comments (0) | TrackBack (0)

バスがない!

12月24日、クリスマスイブ(Juleaften)には大聖堂でクリスマスミサが行われます。普段は教会なんか通わないデンマーク人もこの時ばかりは真面目にミサに参加。ミサでは聖歌を歌ったり、司教さんのお話を聞いたり、聖歌隊のコーラスを聴いたりと、なかなかクリスマスらしいよい雰囲気です。

このミサにはなんと!女王さまも参加されるのです。去年は時間ギリギリに行ったため席もすみっこの方にしかなくて、女王さまも参加していたのかすらわからなかったのですが、今年はかなりはやめに行って並んでまっていました。そのおかげでなんとかよさげな席にすわることができました。凍えそうだったけど。
その甲斐あって、ぬあーんと、「ナマ」女王さまを拝見することが!しかもヘンリック王子、そしてフレデリック王子まで。ちょっと遠かったけどしっかり認識できました。

ミサに女王様とご一緒できた、というだけで大感激だったのでした。

しかーし。

帰りにご飯をたべて帰ろうと思っていたら、レストランやカフェはどこもやっていない。
去年もたしかにやっている店はわずかだったのですが、今年は全くない。
しかたなく、家に帰ろうと思ったのですが、今度はバスがまてどくらせど来ない。
クリスマスイブの時って、そんなに渋滞するのか?なんて思っていたら、通りがかりの人に
「今の時間はバスがない。18時から22時まではバスは動かない」と言われました。
なぜか?と尋ねると「それはクリスマスイブだからだ」との答え。

しかたなく、歩いて行ける友人の家まで行き、そこで酒盛りをすることで時間をつぶしました。

クリスチャンであろうとなかろうと、そこまで徹底してクリスマスを祝う。
ある意味、真面目なんだなとも思いましたが、
交通機関をストップさせるな〜!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスの危険な飲み物

去年の夏頃に「オルボーツボー」という、アクアウ゛ィットの飲み方をご紹介しましたが、実はこのアクアウ゛ィット、本来はクリスマスディナーの時に飲むのです。たけこは一年中飲んでますが(^^)

Juleakvavit

12/9に研究所のクリスマスパーティーがありました。テーブルはラボ毎にセッティングされていて、すでにアクアウ゛ィットが二本もテーブルにおいてありました。そして、ビールは各自購入するのですが、事前にチケットを買っておくと割引になるので、もちろんチケット買いました。ビール5本が40DKKで飲めるのだ(^^)

ビールとアクアウ゛ィットは悪魔のコンビネーションです。たけこはアクアウ゛ィット(もちろんおちょこで飲む)を何杯飲んだか記憶にない。テーブルのアクアウ゛ィットはたけこが空にしたような気がする・・・しかもビールは全て飲み干しました。だってーおいしいんだもん。ちなみに同じテーブル席にいたメンバーは約10人。

翌日、口の中が痛いなーと思ったら、白斑ができていた。でもこれがアクアウ゛ィットと関係あるのかは不明です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

デンマーク人の冬

冬時間になってから、刻々と日が短くなってきています。今年は12月21日が最も日の短い日です。
朝は8時でも暗いし、夜は4時頃には暗くなるし・・・鬱うつ・・・

しかも寒いし。
また、デンマークでは「冬季鬱病」が多いそうです。
こんなに暗きゃ、鬱にもなるのは納得。しかも人間関係はかなりドライですし。

そういう訳かわからないけど、秋〜冬期間限定で「カルチャーセンター」なるものが開講されます。パンフレットをみると、日本のカルチャーセンターとほとんど一緒。ただ住民登録カードがないと受講はできないのですが。

そして夜。夜が長いのではっきりいって「することがない」
だから、子作りに励むのだとか。
デンマークは子育てに優しい国ですから、安心して子作りに励めるのですね。
その結果、秋〜冬に産まれる子が多いとか。
そういえば、ラボの誕生日バーティーは秋以降に集中している。
そして、現在テクニシャン2人が産休中。

冬に(することがないから)子作り、というのはウソではなさそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンタさん

beersanta

ロイヤルコペンハーゲンの、クリスマスの置物。
たけこそのものぢゃん。

そういえば、去年は「冷蔵庫の中のビールをすべて飲んでしまった」サンタさんのクリスマスカードが、日本から届いたのだった。今年もビールでクリスマス(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Problemer er.......

11月よりAarhusの南にあるHøjbjergという街に住みはじめた。ここは前に住んでいたところよりも輪をかけて田舎地帯。問題なのは、バスの本数が30分に1本しかないことだ。

したがって夜、バスを逃すと、30分またなくてはならない。デンマークは東京とは違って遅くまで店が開いていないから、時間をつぶすとなると飲むしかないでしょう。というわけで最近は(駅で)バスを逃す度にセブンイレブンに駆け込んでは缶ビールを買い、バス停ですでに出来上がる、ということが続いている。この前は500mlと330mlの値段の差が1DKKだったので、これなら500mlを買うしかないと思って500ml缶を買ってしまった。500mlのCarlsbergなどあっというまである。さらに家に帰ってからも飲む。

10月後半から抗鬱剤などの薬の副作用がきつくてアルコール類があまり飲めず、とにかくストレスだった。最近はようやくアルコール類が飲めるようになったのでとにかくうれしい。しかし、抗鬱剤を服用している本来の目的は全く達成できないことに悩んでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« oktober 2005 | Main | januar 2006 »