« オーフスにいます。その7 | Main | オーフスにいます。その9 »

オーフスにいます。その8

いよいよ明日、帰国です。あっという間の10日でした。実験系が動く(はずである)ことも分かり、サンプルをもらって、「Vi ses for neste gang!」とみんなにさよならを言って退散です。
今日は12時から完全停電になるので、それまでには帰らなくてはならなかったのでした。、サンプルをもらうことが重要な仕事だったので、それがすんだらさっさと帰って買い物ををしてパッケージングです。

その合間にひとりさびしく?打ち上げをしました。アパートの近く、Graven30 (VoledenとVestergadeのちょうど交差するところにある Cafe Drudenfussに行きました。ここのカフェはかなりおいしいです。

オーダーしたのはカールスバーグの」ウィートビールとビーフハンバーガーです。デンマークサンドウィッチとかハンバーガー^というと野菜がもれなくたっぷりついてくるのでありがたい。しかもいらないナチョスまでついてきました。肉は硬くて、「なんでこんなに焼き方が下手なんだろう」と思うのですが、味はgood.ビールをいれて全部で105DKkでした。(cafeといってもどこもけっして安いわけではない)

P9072698

P9072699

ゴージャスなハンバーガー普通の食べ方では食べられない。ナイフとフォークを使いながら食べるのです。


明日は教授じきじきに、オーフス駅に送っていただくのです(鍵を返さなくてはならないので、誰かに手伝ってもらわないといけないので、だれかてつだってくれないか?と聞いたら、教授じきじきになったのです)。ああ、私はなんて幸せなんだろう、と幸せをかみしめました。いいデータを出して早く論文一報書きたいな~と思いました。

|

« オーフスにいます。その7 | Main | オーフスにいます。その9 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーフスにいます。その8:

« オーフスにいます。その7 | Main | オーフスにいます。その9 »