« アンデルセン | Main | オーフスにいます。その2 »

オーフスにいます。その1

夏休みを利用して、半分仕事、半分バカンスでオーフスに一人で来ています。仕事でもあるけど、自費で着ています。研究費がとれなかったので。

エアーチケットの手配は旅行会社に任せ、スカンジナビア航空のチケットを17万ちょっとで手配してもらいました。まず「コペンハーゲンに入り、そこで一泊します。このホテル、デンマークではどこも高いのですが、駅の北側の怪しい界隈(ストリップ劇場?みたいなのがあったりして、よく見てるとよぼよぼしたおじいさんjが入っていくのが見える)のホテル街のホテルは比較的安いので、いつもそこを利用します。いつもは600Kr程度なのですが、この季節はインターネット割引きでも700Kr以上しました。何故、コペンに一泊するのかというと、レストラン東京によるためです。ここのマスター、中沢さんには在デン中とてもよくしていただいたので、デンマーク入りするときには必ず寄ることに決めています。

今回のスカンジナビアンでは帰りが午後の便なので、朝オーフス電車で出ても充分間に合うのでそのようなスケジュールにし、デンマーク入り後にレストラン東京に寄ることにしました。

コペンハーゲンに行くにはいくつか方法がありますが、実はスカンジナビアンよりもKLMのほうが断然安いです。ただし、アムステルダム乗換えしなくてはならないことと、行きに成田の免税店でおみやげにお酒が買えない(アムステルダムでのトランジットでとりあげられる。ちなみにジャムもとりあげられます。ご注意を!)ことさえ苦にならなければKLMを選ぶほうがお得。

それとスカンジナビアンにはエコノミーエクストラ、というのがあり、エコノミーと差をつけるために、料理が選べない、飲み物はフライト中3回出されるが、エコノミーはそれぞれ一回しかお酒が選べず、2杯目にお酒を希望する場合は30Kr払わないといけなくなりました。(日本人はタダだと思うと客室乗務員のところに行ってはお酒をねだるひとが多いからかなぁ~)まあ、私は飲むといってもそれぞれ一回ずつ飲めは充分なので問題ないのですが。今回、最初の飲み物とおつまみでビールを飲み、そのあとの食事(チキンの照り焼きみたいのにご飯がついている)で白ワインを飲んだら、それだけでバタンキュウーで、食後のコーヒーを一口飲んでバタンキューで、気がついたら下げられていました。

まあ、そういうわけでSK984便 11時40分成田発、飛行時間約11時間10分でコペンハーゲンに無事到着しました。

初めてデンマーク入りしたときは、忘れもしない2004年4月1日、コペンから乗る予定だったオーフス行きのフライトがキャンセルになりました。携帯電話なんてものはないし、迎えに来てくれる先生に連絡する手段もないし、わなわなしていました。そのとき、他大学から同じラボに留学予定の先生に「まつ先生ですか?」と話しかけられ、そうです、ということで、ようやくその先生と出会うことができ、どうもオルボーにとばされてそこからバスでオーフスに連れて行かれることになったのです。

ところが、私たち日本人だけは、アナス(あとからわかった、Randers)、というところでおりてタクシーに乗せられることになりました。わけが分からず、タクシーに乗ったのは良かったのですが、どこに連れて行かれるのやら。
それに荷物はどこに行っちゃったんだろう、とそればかりが心配になっていました。(だってパンツ取り替えなきゃ)

タクシーはどんどん暗いところに入っていきます。どこにつれていかれるんだろう・・・?到着したところは、迎えにくることになっていたJesperでした。「お腹すいたでしょう」とパンなどを食べさせてくれました。もう夜の10時近かったかな?荷物も航空会社に電話してもらって、届けてもらいました。そして、私たちそれぞれのアパートに連れて行ってもらったのでした。これで一件落着か?と思ったらそうではありませんでした。

|

« アンデルセン | Main | オーフスにいます。その2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーフスにいます。その1:

« アンデルセン | Main | オーフスにいます。その2 »