養子縁組

デンマークに行く前に、勉強していた英会話。なにしろ、事前に英語ができなかったら強制送還すると脅されていたので必死に勉強していきました。その甲斐あって、英語には問題なく、デンマーク語にも手を出せる余裕ができました。

その英会話、やはり日本にいると使わないため、忘れてしまいそうです。帰国後1年たってからまた英会話の勉強(個人レッスン)を再開しました。レッスンの内容は、まず、"What's new?"からはじまり、時事英語を読んで(簡単なもの)それについてdiscussion するというものです。

先日、日本でも話題になった「赤ちゃんポスト」を取り上げました。

その中で「日本では中絶が多い一方で、養子縁組が少ない」との話になり、養子縁組について、先生からアメリカではとてもポピュラーで、waiting listが結構長い、というような話を聞きました。アメリカでは、他国からの子供と養子縁組をすると、その子が大きくなって、自分のルーツやアイデンティティについて悩まなくてもすむように、週1日は生まれた国の言葉や文化を勉強するために学校に通うそうです。

で、デンマークはというと、中絶についてはよくわかりませんが、養子縁組はアメリカと同様、とてもさかんに行われていて、街を歩いていると、デンマーク人(それも若いカップル)が黒人の赤ちゃんを乳母車に乗せていたり、抱いていたりするのを割りとよく見かけます。私がお世話になった、rolferも子供を2人育てたあと、さらに養子をとって育てた、と言っていました。デンマーク人は子供を育てることをとても楽しむ国民なのです。だから、結婚していようがいまいが(書類上)子供ができたら、わりとすんなり受け入れて育てるようです。それもやはり教育費が無料、という国だからというのは大きいと思います。

でも、アメリカのような教育システムはなく、デンマーク人として育てるため、子供は自分のルーツについて、成長してから、悩むこともあるようです。

日本はあまり養子縁組が盛んではありませんが、なぜなのでしょう。まず、血のつながり、というのをとても重要視することがあるのではないかと考えます。自分が産んだ子供、とか自分の血が流れているとかわいい、と思う。そうでない子は他人の子、的な考えがあるのではないでしょうか。

産みの親より育ての親、って言いますよね。日本人ももっと養子縁組の制度を利用できるようになれば、産んで、赤ちゃんポストに入れるならともかくも、ゴミ捨て場に捨ててしまうような、悲しい事件もなくなると思うのですが、どうでしょう。

でも、まずそれ以前に、子供を育てるのにお金がかからないような国家になることが重要だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

お酒と仕事

このブログでも分かるように、たけこはお酒が大好きです。
わんくんにも"何しにデンマークに行ったんだかわかんない"とまで言われました(--)

デンマークで何が良かったか、って・・・
それはつきあい酒がなかったことです。

それはもちろん、ラボの人と飲みに行くことはありました。
でもそれは15時か16時ころカフェに行って、好きなもの(酒に限らない。コーヒーやホットチョコレートなど)を各自頼んで(上司が部下の飲み代を全部払うということはほとんどない)、楽しくおしゃべりして、17時すぎには解散です。つまり、夕食は家族そろって家で食べるのです。これが基本。もちろん一人暮らしの人もいますが、その人たちも夕食は家で食べます。もっとも、外食は高いという事情もあるのですが。それと、家族そろって夕食が食べられるような働き方ができる、ということです。たとえ共働きであってもです。

また、誕生日会でお酒が用意されることもありますが、いつまでも飲んでるわけではなく、だいたい夕食前には家に帰れるような時間に解散です。

日本に帰ると、へたすると毎週のように飲み会をやっているラボがあったりします。またさらに、外に飲みに行って、2次会、3次会と重ねて行く人もいます。
若かりしころのたけこは、よく参加してましたが、歳を重ねるにつれてだんだんそれが苦痛になってきました。なぜなら、話す内容が愚痴であったり、人の悪口であったり、へたすると説教まではじまったりして、とても気分が沈むからです。まあ、そういうところでいろいろとネットワークができたりするのでしょうけど、今のたけこには疲れるだけ。

とある酒飲み先生も、アメリカに留学し、少しは変わって帰ってくるのかと思いきや、留学前と全く変わらず、奥様にも相当いやがられているようなのですが、本人曰く「ばかやろう。酒も仕事のうちだ」とのこと。

つまり、日本人にとって、酒と仕事は切っても切れない関係なのです。

先日も、鬱状態で元気のないたけこにむかって、上司が「たまには皆と酒飲んで、バカ話をして気分転換でもしたら?」なんて言ってきましたが、そういうことがストレスなんだよ!!なんて思いつつ「はぁそうですねぇ」なんて一生懸命ニコニコして答えておきました。

お酒って、とてもおいしいと思います。おいしいからこそ、おいしく飲める環境で飲みたいと思います。最近のたけこは、薬を大量に服用しているせいもあって、あまり酒を飲んではいけないのですが、それでも以前と比べて格段にお酒の消費量が減りました。まあ、からだにはいいのかもしれないけど、はやくお酒がモリモリ飲めるよう、心身健康の健康を回復させたいです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

モーツァルトの誕生日

今日(1月28日)はモーツァルトの誕生日。今年は生誕250周年だそうで、生まれの地ザルツブルグではモーツァルトイベント満載のようです。

で、今日は偶然にも土曜日だったからかわかりませんが、Sct Pauls Kirkeでモーツァルトの無料コンサートが開かれました。「無料」という言葉に弱いたけこは行ってみることにしました。こういう時は30分前くらいに行くのが鉄則だそうです。よい席をとるために。

今日の曲目は
Missa Brevis G-dur KV140
Cembalokoncert D-dur, KV107, 1 (efter J Chr Bach)
Alma Dei Vreatoris KV 277 (272a)
Serenade nr. 13 G-dur KV525 Eine Kleine Nachtmusik

by Ensemble Zimmermann
http://www.ensemblezimmermann.dk/
Anna Jobrant, sopran
Rebecca Forsberg, alt
Søren Kjær, tenor
Thomas Krogh, baryton

という賞味約1時間15分くらいのコンサート。
教会でのコンサートというのは、コンサートホールとはまた違った味わいがあっていいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洗礼

昨日の1/21土曜日、全てのバスに国旗がたっていたのでロイヤルファミリーの誰かの誕生日なのだと思っていたら、皇太子FrederikとMaryの長男の洗礼がコペンハーゲンのクリスチャンボー教会で行われたとのこと。ラボの大学院生Carinaがインターネットで一生懸命見ていて、教えてくれました。彼の名は Christian Valdemar Henri Johnと決定。HenriはFrederikのお父さんの名、JohnはMaryのお父さんの名。彼は将来国王になるとChristian XI世になります。

今日は、1日テレビはこの話題で特別番組だったそうです。

というわけで、昨日は雪が凍結していて、結構危険だったので、デンマーク人にとって家にいる格好の理由になりました。

デンマークの放送局DRのサイトで写真がいろいろ見られます。残念ながらデンマーク語ですが。

http://www.dr.dk/Nyheder/Temaer/Oevrige_temaer/2006/Prins/index.htm

リンク切れになるといけないので写真も上記のサイトから拝借してます。
4b04b4a8cdf5464ab40dbcf92f66401d_daab2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

デンマークで見る日本(2)

デンマーク人の中ではこんなものがはやっています。

PA021226

たけこも昔はまった、パズル通信ニコリの「数字は独身に限る(数独)」です。
http://www.nikoli.co.jp/index.htm

英語のサイトはこちら。
http://www.nikoli.co.jp/en/

デンマークのsudokuサイト
http://www.sudokuspil.dk/

こちらの新聞にもこのパズルが掲載されていて、よくバスの中で戦っている?デンマーク人を見かけます(よくバス酔いしないと、感心してしまう)。最近は「カックロ」というのも見かけるようになりました。

ヒマさえあれば、ランニングをしているデンマーク人にとってはあまり面白くないようにも思えますが、「頭のランニング」とでも思っているのかな?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

デンマークで見る日本

新年の、大人の火遊びの残骸の中にこんなものを見つけました。

P1011642

やつらは何が書いてあるのか知らないで、バカバカ打ち上げてるんだろうけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バスがない!

12月24日、クリスマスイブ(Juleaften)には大聖堂でクリスマスミサが行われます。普段は教会なんか通わないデンマーク人もこの時ばかりは真面目にミサに参加。ミサでは聖歌を歌ったり、司教さんのお話を聞いたり、聖歌隊のコーラスを聴いたりと、なかなかクリスマスらしいよい雰囲気です。

このミサにはなんと!女王さまも参加されるのです。去年は時間ギリギリに行ったため席もすみっこの方にしかなくて、女王さまも参加していたのかすらわからなかったのですが、今年はかなりはやめに行って並んでまっていました。そのおかげでなんとかよさげな席にすわることができました。凍えそうだったけど。
その甲斐あって、ぬあーんと、「ナマ」女王さまを拝見することが!しかもヘンリック王子、そしてフレデリック王子まで。ちょっと遠かったけどしっかり認識できました。

ミサに女王様とご一緒できた、というだけで大感激だったのでした。

しかーし。

帰りにご飯をたべて帰ろうと思っていたら、レストランやカフェはどこもやっていない。
去年もたしかにやっている店はわずかだったのですが、今年は全くない。
しかたなく、家に帰ろうと思ったのですが、今度はバスがまてどくらせど来ない。
クリスマスイブの時って、そんなに渋滞するのか?なんて思っていたら、通りがかりの人に
「今の時間はバスがない。18時から22時まではバスは動かない」と言われました。
なぜか?と尋ねると「それはクリスマスイブだからだ」との答え。

しかたなく、歩いて行ける友人の家まで行き、そこで酒盛りをすることで時間をつぶしました。

クリスチャンであろうとなかろうと、そこまで徹底してクリスマスを祝う。
ある意味、真面目なんだなとも思いましたが、
交通機関をストップさせるな〜!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスの危険な飲み物

去年の夏頃に「オルボーツボー」という、アクアウ゛ィットの飲み方をご紹介しましたが、実はこのアクアウ゛ィット、本来はクリスマスディナーの時に飲むのです。たけこは一年中飲んでますが(^^)

Juleakvavit

12/9に研究所のクリスマスパーティーがありました。テーブルはラボ毎にセッティングされていて、すでにアクアウ゛ィットが二本もテーブルにおいてありました。そして、ビールは各自購入するのですが、事前にチケットを買っておくと割引になるので、もちろんチケット買いました。ビール5本が40DKKで飲めるのだ(^^)

ビールとアクアウ゛ィットは悪魔のコンビネーションです。たけこはアクアウ゛ィット(もちろんおちょこで飲む)を何杯飲んだか記憶にない。テーブルのアクアウ゛ィットはたけこが空にしたような気がする・・・しかもビールは全て飲み干しました。だってーおいしいんだもん。ちなみに同じテーブル席にいたメンバーは約10人。

翌日、口の中が痛いなーと思ったら、白斑ができていた。でもこれがアクアウ゛ィットと関係あるのかは不明です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

デンマーク人の冬

冬時間になってから、刻々と日が短くなってきています。今年は12月21日が最も日の短い日です。
朝は8時でも暗いし、夜は4時頃には暗くなるし・・・鬱うつ・・・

しかも寒いし。
また、デンマークでは「冬季鬱病」が多いそうです。
こんなに暗きゃ、鬱にもなるのは納得。しかも人間関係はかなりドライですし。

そういう訳かわからないけど、秋〜冬期間限定で「カルチャーセンター」なるものが開講されます。パンフレットをみると、日本のカルチャーセンターとほとんど一緒。ただ住民登録カードがないと受講はできないのですが。

そして夜。夜が長いのではっきりいって「することがない」
だから、子作りに励むのだとか。
デンマークは子育てに優しい国ですから、安心して子作りに励めるのですね。
その結果、秋〜冬に産まれる子が多いとか。
そういえば、ラボの誕生日バーティーは秋以降に集中している。
そして、現在テクニシャン2人が産休中。

冬に(することがないから)子作り、というのはウソではなさそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンタさん

beersanta

ロイヤルコペンハーゲンの、クリスマスの置物。
たけこそのものぢゃん。

そういえば、去年は「冷蔵庫の中のビールをすべて飲んでしまった」サンタさんのクリスマスカードが、日本から届いたのだった。今年もビールでクリスマス(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)