コンタクト

メールアドレス:

1行紹介

やる気はあるけど呑んでます!

自己紹介文

名前 まつたけこ

<一般的なこと>

血液型  A(よくBですか?といわれる・・・)
生まれた日  7月20日
高さ 1.6m  
重さ ナイショ(ダイエット中)
性格 なめねこ
自分の身体の好きな部位 鎖骨
自分の身体の嫌いな部位 親指(指圧仕様)、広いおでこ(小学生の時から皺がある)、そしてウエストとアンダーバストの差がほとんどないSuica体型。ビール腹に起因すると思われる。
趣味 歌、フルート、ビール
※音楽は専らクラッシック(話し声からは信じられないらしいが、声はソプラノ)
同居人 わんいぬおくん(日本でおとなしくお留守番中)
将来の夢 自他共に認める、(歌って踊れる、笛吹き)biologistになること

<もう少し詳しいまつたけこの実態>

好きな科目(小学校〜高校) 音楽、英語
(大学) 有機化学、生化学

嫌いな科目(小学校〜大学) 体育
中学の担任の先生に、「内申書の体育の成績が悪すぎて、志望高校には100%合格できない」と保証された。しかし、その高校に無事入学、ちゃんと卒業した。大学に入っても体育があったのには閉口した。社会人になって、ダイエットの必要にせまられてフィットネスクラブに約八年在籍。かなり真面目に通った。しかし結局はインストラクターのお姉さんは好きになっても運動は好きになれなかった。しかも体重はほとんど落ちなかった。

<趣味歴ーーー音楽歴>

4歳9か月よりピアノを習い始め、大学受験寸前、ツェルニー50番の4曲目、ベートーベンソナタ「熱情」までやって中断。この間、ソルフェージュや聴音もやっていたので、初見力や絶対音感が身に付いた。(しかし、これは便利なこともあるが、合唱をやるには不便なこともある。Hz単位の違いは認識できません)

小学校6年で合唱合奏部で、TBSこども音楽コンクール(県大会)に初出場。

中学校1年よりブラスバンド部(新設)最初クラリネットを吹いていたが、絶対音感の弊害で、楽譜と実際に出ている音が違うのが気持ち悪くて挫折。先輩の引退を期にフルートに転向。(C管の楽器でないと吹けません(^^;))中3夏、吹奏楽コンクール県大会(4部)に初出場。

高校はブラスバンドに入る予定だった(そのつもりで高校を選んだ)のに、気がついたら音楽部(合唱)に入っていた。この間、NHKコンクール、朝日コンクール県大会に出場。朝日コンクールの関東大会に2回出場した。2年の時に記念定期演奏会で、モーツアルトのレクイエムを演奏。定期演奏会ではピアノ伴奏も経験。すっかり合唱の魅力にとりつかれる。

大学では、フルートをやりたいと思っていたので、オーケストラ部に入り、フルートを吹く。大学3年の時からレッスンを受け始め、水質検査のアルバイト等でためたお金をはたいて最高級?の楽器(総銀・マテキ)を購入。大学4年の時にピーターと狼を演奏。この時、合唱をやっていた経験を買われて?ナレーションを担当。

フルートのレッスンは大学院時代も続け、社会人になってからも途中途切れながらも細々と続ける。
この間、何度かおさらい会に出演。最近の演奏はプーランクのソナタ(全曲)。

一人暮らしをはじめてから、また合唱をやろうと思い、国技館の5000人の第九に参加。その後、コーラルアーツソサイァティに入団し、ドイツ公演にも参加。その後、東京労音合唱団、隅田川合唱団(石丸 寛先生の最後のステージにのせていただいた)、OFC、東響コーラスを渡り歩き、歌いまくる。現在籍をおいているのはひとつだけ(休団中)。

1998年より歌のレッスンを受けはじめる。この間、発表会にも何度か出演。このころからドレスを着てステージにたつ快感を味わうようになる。最近の発表会では、たぁーんきぽーんき(中田喜直)、わたしのお父様(プッチーニ)を演奏。

<趣味歴ーーービール歴>

社会人になって、はじめての海外出張がチェコのプラハだった。ここで飲んだ「ピルスナー」にすっかりはまる。

両国に一人暮らしを始めて数カ月後、両国駅にビアステーションが出来た。地ビールがある、ということで友人と期待して行ったら、大宴会のあとだったらしく、ビールが全くなかった。頭に来たので、前々から雑誌で気になっていた「ポパイ」に行く。
ここで、地ビールのうまさ、豊富さに目覚め、ほぼ月1のペースで通って散財した。さらに、旅行に行けば必ず地ビールを探して飲むという楽しみが増えた。

濃厚な味の、甘みと苦みのバランスがとれたビールが好きです。どちらかというとぐびぐび飲むよりも、濃厚なアルコール度数のやや高めビールを少しずつ味わいながら飲むのが好きです。

日本の地ビールで特に感激したのは、博石館(岐阜)の「スーパービンテージ」。ワイン酵母を使った、香り高い、すばらしいビールです。